京都工芸美術作家協会展in伊賀の会場の様子




伯耆正一作 刻土文花器 / いけばな 未生流 北寺美幸先生


5月23日で好評のうちに終了となった京都工芸美術作家協会展in伊賀の会場の写真を少しご紹介しますね。

最初の写真は伯耆正一の作品にお花を活けてもらった写真です。





伯耆正一作 金銀箔渦巻文花器。こちらはお花はありませんが、

すっきりしたフォルムと幻想的な釉、金とホワイトゴールド箔の文様が

とても美しい作品です。大きな作品です。



他の作家さんの作品展示の様子です。


作品そのものも素晴らしいですが、史跡旧崇広堂、入交家と文化財級の邸宅の持つ力、そしていけばなの美しさと相まって

とても感動的な展示となりました。

伊賀市の関係者の皆様にはとてもお世話になり感謝しております。

ありがとうございました。