「京料理と京焼の饗宴」イベントの報告

美詠子


8月2日(月)に行われた「京料理と京焼の饗宴」の昼食会イベントの様子を報告しますね。

写真は会場となった竹茂楼さんの設えです。

細竹の屏風に祇園祭の粽が飾られていて、夏の京都を満喫できる会場となりました。



お料理と器です。

左上から、

前菜: グレープフルーツ釜 鮑 車海老 白ずいき ミニオクラ  

器:  黒泥釉彩皿 竹村陽太郎 

向付: 鮑 明石鯛 蓮芋 とろ鯖寿司

器:    岡山高大

凌ぎ: 鱧

器: 碧雲彩深小鉢 竹村陽太郎

御飯(煮え花): 

器: 焼締碗 八木美詠子

進肴: 鱧 すっぽん

器: 粉引鉢 伯耆葉子

焼物: 鮎

器: 黒釉鮎皿 高島慎一

強肴: 豚角煮 冬瓜

器: 金襴手蓋向附 加藤貴富

御飯: 鮎御飯

器:黒泥彩飯碗 竹村陽太郎   他陶芸家全員

水菓子: 入道雲

器: 八木美詠子







私が提供した器です。

左から、進肴の鉢、真ん中は鮎御飯用の染幾何文飯碗、

右は感染症拡大防止のために酒類の提供が中止となり、お土産にお酒を持って帰ってもらったのですが、

金箔刻土文ぐい吞と白金箔刻土文ぐい吞です。

オリンピックにちなんで金メダル、銀メダルのイメージのあるぐい吞にしました。(使われずじまい…)


ご参加くださったお客様、担当の京料理と陶芸家の皆様、関係者の方々、

良い昼食会ができて感謝しております。